看護師は予防に努めれば良いだけなの?

特定看護師という資格を作る事を長年検討されていましたが、この特定看護師について、最初は海外で活躍しているNPの事だと思っていた方が多かったようです。
NPとの大きな違いとなるのが医師の指示の元高度な医療行為を行うか、医師の指示なくても独自の判断で特定の医療行為が出来るかというところのようでした。
NPのように医師の指示なくても出来るというのは、一般の看護師とは全く異なるところなんですが、特定看護師の医師の指示の元となると、ある程度グレーゾーンと呼ばれる医療行為は、医師の人数不足もあり指示の元看護師が行う事もりましたよね。
そういう事もあってか、特定看護師は資格化されて導入という事はなくなりました。
看護師の中で、高度な医療行為が出来るように研修を受けた人が、認定されるのみとなったのです。
これではこれからNPが実現される事などないでしょうね。
看護師は予防に努めれば良いのだという人もいますが、皆さんはどう思われるでしょうか。