住宅ローン金利比較で変動タイプのおすすめは?

住宅ローンの金利比較について、変動金利で考えたいという人がいたら、まずは変動金利についていろいろと理解しておかなければなりません。
変動金利というものは、当初の5年間は支払い金額は変わらないようですが、その途中に金利が上昇してしまうと、元金が思うように減らなくなってしまうというようなことが起こり得てしまうようなので、金利だけをみて変動金利にとびつかないようにしたほうがよさそうなのです。
もちろん借りた時から下がる一方であれば、変動金利にして正解というわけですのでいいのですが5年すぎたら返済は変動していくということをきちんと覚えておいたほうがいいでしょう。
もちろんリスクがあるから固定がいいという人は最初から固定金利にするといいのではないでしょうか。
住宅ローン見直しをする時の注意点とは?